【奈良博覧会】奈良の伝統工芸 一刀彫を見る

2016-09-27

0 1 2

奈良博覧会限定の一刀彫

中川政七商店300周年キーオブジェクト

土井志清さん

11/1 (火)~11/6(日)の6日間、

奈良公園浮雲園地で開催される奈良博覧会。

開催初日の11月1日には、

中川政七商店創業300周年のキーオブジェクトを彫った

土井志清氏による奈良の伝統工芸「一刀彫」の実演を開催いたします。

一刀彫は、鎌倉時代に春日若宮祭で木偶を飾ったのが始まりと言われ

ヒノキやクスノキなどを豪快に彫り上げ、

金箔や岩絵の具で華麗な極彩色に色付けします。

どんな技術で、スピードで、どうやって彫り上げられるのか、

職人の技を間近で見られる貴重な機会です。


また、奈良博覧会限定販売の鹿の一刀彫を特別に作っていただきました。

数量限定ですので、この機会にぜひお越しください。

=================================

一刀彫実演

日 時:11月1日(火)13:00~ 2時間程度

出演者:土井志清(場合により出演者が異なる場合がございます)

会 場:奈良公園浮雲園地 奈良博覧会 会場 テント内

※実演中はどなたでもご自由にご覧いただけます。

=================================


→奈良博覧会について

tag:

三百周年
大日本市博覧会
奈良博覧会
奈良県