【岩手博覧会 その10】 岩手のメーカーと中川政七商店による「ものづくりプロジェクト」

2016-04-21

0 1 2 3

幸呼来Japan①

幸呼来Japan②

nekozuki①

nekozuki②

【岩手博覧会 その10】 

岩手のメーカーと中川政七商店による「ものづくりプロジェクト」 


「岩手のものづくりを岩手の人に知ってもらう」をテーマに開催する大日本市岩手博覧会では、5月の開催に合わせ、岩手県内の2社のメーカーと中川政七商店によるものづくりを昨年の秋より進めて参りました。


裂き織りの「幸呼来Japan」とは中川政七商店の余り布を利用した裂き織りバッグを、『ネコ目線のモノづくり』をコンセプトに猫用品の「nekozuki」ブランドを展開する「クロス・クローバー・ジャパン」とはネコ用キャリーバッグを新たに開発しました。


大日本市岩手博覧会で初披露する、岩手発の新商品に、ぜひ会いに来てください!


=================================


【幸呼来Japan】

幸呼来Japanは、北国に古くから伝わる「裂き織り(さきおり)」で、ものづくりを行っています。古くなった着物を裂いて材料に再利用し布を織る技法で、独特の生地感が魅力です。今回新たに、ファブリック・アパレルメーカーの“あまり布”を幸せな形に変換する「さっこらプロジェクト」を開始しました。第一弾は、中川政七商店の布を利用したバッグを発表します。 

→ワークショップも行います。



【nekozuki】

nekozuki(ねこずき)は『ネコ目線のモノづくり』をコンセプトに、ネコと飼い主さんの快適な生活空間を提案する岩手発のネコ用品ブランドです。「上質なものを愛着を持って永く使って欲しい」という願いから素材や原料にこだわり岩手の職人の手で一つ一つ丁寧に作っています。「猫社員」と呼ばれるネコたちと共に商品を開発。猫社員の厳しいテスト、鋭いチェックを経たモノだけが商品化され一番の発言権を持っています。

→「nekozukiの部屋」で商品の販売を行います。


=================================


→岩手博覧会とは?

tag:

三百周年
大日本市博覧会
岩手博覧会
岩手県