【岩手博覧会 その3】 盛岡こけし、大槌刺し子、裂き織を体験する「工芸ワークショップ」

2016-04-05

0 1 2 3 4 5 6

もりおかこけし絵付け体験

五葉社①

五葉社②

刺し子体験

裂き織体験

裂き織は布を割いて糸をつくるところから始まります。

【岩手博覧会 その3】 

5/3 (火・祝)~5/5(木・祝)の3日間、盛岡市の岩手県公会堂で開催される「大日本市岩手博覧会」では、盛岡こけし、大槌刺し子、南部裂き織を体験する「工芸ワークショップ」を開催します。


岩手ならではの3つの工芸ワークショップ

①もりおかこけし絵付け体験 (五葉社) 5/3

②刺し子体験 (大槌復興刺し子プロジェクト) 5/4、5/5

③裂き織体験 (幸呼来Japan) 5/3、5/4、5/5


普段、なかなか垣間見ることのない、岩手のものづくりを体験できる機会です。

作り手と触れ合い、その日、その時だけの貴重なものづくりに挑戦しましょう!


※少人数での催行になりますので、お早めにご予約下さい。


=================================


①もりおかこけし絵付け体験(五葉社) 5/3(火・祝)

価格:2,000円(税込)


創業昭和12年の「五葉社」は、盛岡こけしやチャグチャグ馬ッコの製造を行う工房です。伝統的な郷土玩具はもちろんのこと、老舗でありながら「あまちゃんこけし」などのかわいらしいモチーフに挑戦し、郷土玩具ファンの間では目の離せない存在です。5/3(火・祝)の1日だけのワークショップでは、自分の好きな模様を描ける、こけしの絵付け体験を行います。あなただけのユニークなオリジナルこけしに挑戦して下さい。

→チケット購入はこちら


=================================


②刺し子体験 (大槌復興刺し子プロジェクト) 5/4(水・祝)、5/5(木・祝)

価格:2,000円(税込)

「大槌復興刺し子プロジェクト」は、東日本大震災をきっかけに生まれた、岩手県大槌町の女性たちの手による新しいものづくりの取組です。「刺し子さん」と呼ばれる、大槌の明るいお母さんたちが、布に一針一針模様を刺しながら、丁寧に刺し子織を仕上げていきます。今回のワークショップでは、そんな「刺し子さん」と一緒に、自分だけの刺し子を作ります。ものづくりはもちろん、「刺し子さん」との触れ合いも楽しみなワークショップです。

→チケット購入はこちら


=================================


③裂き織体験 (幸呼来Japan) 5/3(火・祝)、5/4(水・祝)、5/5(木・祝)

価格:1,500円(税込)

北国に古くから伝わる「裂き織(さきおり)」とは、古くなった着物を裂いて材料に再利用し布を織る技法です。幸呼来Japanは「さんさ裂き織」という、盛岡の夏の風物詩である「さんさ踊り」の浴衣の生地を用いた裂き織で有名な工房です。今回のワークショップでは、幸呼来Japanが普段使っている大きな機織り機を会場に持込みます。機織り機が奏でる独特の音や、糸の触感などを感じながら、自分だけの裂き織を作りましょう。

→チケット購入はこちら


=================================


岩手博覧会とは?

岩手博覧会記事一覧


tag:

三百周年
大日本市博覧会
岩手博覧会
岩手県