【わたしのお国じまん】 石川県の姫だるま

2016-01-13

0 1 2 3 4 5 6 7

絵付け体験中。

めんやさん。

姫だるま。

ひゃくまんさんと。

八幡宮。

八幡宮にて。

姫だるま②

内橋店長と記念撮影。

石川県の郷土玩具 加賀八幡起上り(別名:姫だるま)

中川政七商店金沢リント店店長 / 内橋佐知子


新幹線開通とともに、石川県金沢市に引っ越してきて

もうすぐ1年が経とうとしています。


金沢といえば観光地。

兼六園や金沢城、金沢駅の鼓門や21世紀美術館、

近江町市場、武家屋敷にひがし茶屋町など

ほかにもたくさん見どころがあるとても素敵な街です。


ご紹介したいものがたくさんありすぎて迷ってしまいましたが、

やはりこれかな!と思いついたのが「加賀八幡起上り(姫だるま)」です。


加賀八幡起上りは、張り子のだるまに

朱色の松竹梅が描かれた可愛らしい姿の姫だるまです。

石川伝統郷土玩具として金沢の市民に古くからとても親しまれている縁起物です。

また、姫だるまを箪笥に入れておくと衣装に困らないという言い伝えもあり、大事にされている人も多いそうです。


加賀八幡起上り発祥の地と言われているのが「安江八幡宮」です。

八幡大神が誕生した際に産着をつけていた姿です。

その昔、安江八幡宮に参拝して恩恵を受けた氏子が、

そのお礼にと人形を作ったのが始まりと言われていて、

子どもの成長と幸せを祈る縁起物とされています。

境内には石像があり、ほかにも絵馬やお守りなどにも

可愛らしい加賀八幡起上りの絵が描かれたものがたくさんありました。


加賀人形、郷土玩具の老舗「中島めんや」さんにて、絵付け体験をしました。

創業文久2年(1862年)、

加賀人形の基礎を築いたといわれている老舗のお店です。

自社の商品でもお世話になっております。


店内に入り、入口脇にあるスペースで早速スタート。

姫だるまを選び、まずは油性マジックで顔を描きました。

(筆ペンだと初心者には難しいそうです。)

あとは絵の具と筆で自由に絵を描いてください!と言われ、

絵心の無い私はなにを描けばいいかわからず、

店頭にある姫だるまとにらめっこしながら

なんとか形になるものが出来上がりました。


自分で作ると可愛らしくみえるものです。


金沢市民の加賀八幡起上りに対する親しみ度はとても高く、

石川県観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」も

加賀八幡起上りがモチーフとなっています。


ほかにも金沢で有名な和菓子屋 金沢うら田で販売されている

「加賀八幡起上もなか」や九谷焼のお箸置きや小皿など

お土産屋さんでもたくさんあります。


当店でも12月から「姫だるまみくじ」を販売しており、

観光客をはじめ、地元客の方々にも大好評です!


金沢は四季折々の美味しい味覚、素敵な街並み、イベントが豊富にあり

本当に楽しい街です。

金沢に引っ越して来て、いろんな方々に金沢はどう?と心配されますが

私はいつもついニヤニヤしてしまいながら、とても楽しいです!と答えます。


東京からは北陸新幹線で2時間30分。

大阪からは特急サンダーバードで2時間。

どちらも近いです。日帰りでも行けそうですね!

ぜひ、金沢へお越しの際は「加賀八幡起上りツアー」をお楽しみくださいませ。

いろいろな場所で可愛い加賀八幡起上り(姫だるま)がお出迎えしてくれます!


→わたしのお国じまん目次

投稿者 : 編集部員

tag:

石川県
連載
わたしのお国じまん