会社情報

会社概要

会社名
株式会社中川政七商店
所在地(本社)
奈良市東九条町1112-1
アクセス
地図 [近鉄奈良駅より]タクシー 8分/バス 15分 奈良交通12番「杏南町」「シャープ前」「白土町」行き。
奈良交通14番「杏中町」行き。
いずれも「南京終町」バス停下車、徒歩1分。
[JR奈良駅より]タクシー 6分/バス 10分
奈良交通12番「杏南町」「シャープ前」「白土町」「杏中町」行き。
いずれも「南京終町」バス停下車、徒歩1分。
設立
1983年11月30日
創業
1716年(享保元年)
資本金
10,000千円
売上
31億3000万円(2013年7月末時点
従業員数
260人(2013年7月末時点)
代表者
代表取締役社長 十三代 中川 淳
主要取引銀行
南都銀行本店
三菱東京UFJ銀行 奈良支店
事業内容
  • 茶道具の企画・製造・卸
  • 生活雑貨の企画・製造・卸・小売
    遊 中川
    奈良本店、伊勢丹新宿店など16店舗
    インテリアデザイン:宮澤一彦氏(隈研吾事務所)
    粋更kisara
    新丸ビル店、玉川高島屋S・C店、梅田ハービスENT店
    インテリアデザイン:小泉誠氏
    中川政七商店
    東京本店、ラクエ四条烏丸店など6店舗
    インテリアデザイン:graf.
    日本市
    エキュート東京店、東京スカイツリー・ソラマチ店、羽田空港第2ターミナル店、奈良三条店
    インテリアデザイン:小林恭+マナ(設計事務所ima)
    2&9
    motta
    中川政七商店街
    阪神梅田本店、東京ミッドタウン店
    インテリアデザイン:関祐介氏
  • カフェ・飲食2009年、中川政七茶房をオープン。奈良の食材を使ったお食事や甘味にておもてなしをいたします。
  • 企業のオリジナル商品・ノベルティの製作当社の高い技術と豊富な商品知識を元に、希望に沿ったオリジナル商品を製作します。和菓子の老舗「虎屋」、京都の料亭「和久傳」、高級リゾート「二期倶楽部」、奈良の生活雑貨「くるみの木」などとのコラボレーション実績があります。
  • 業界特化型コンサルティング「ものを売る」視点ではなく、「ブランドをつくる」視点で経営全般をお手伝いします。10年間で「産地の一番星」を20社作ることを目標にしています。 [実績]
    • 有限会社マルヒロ (長崎県波佐見町「HASAMI」)
    • バッグワークス株式会社 (兵庫県豊岡市「BAGWORKS」)
    • 株式会社タダフサ (新潟県三条市「庖丁工房タダフサ」)
    • 堀田カーペット株式会社 (大阪府和泉市「carpetroom」)
    • 有限会社サイフク (新潟県五泉市「mino」)
    • 株式会社漆琳堂 (福井県鯖江市「aisomo cosomo」)
    • 堀内果実園 (奈良県五條市「堀内果実園」)
    • 木本硝子株式会社 (東京都台東区「KIMOTO GLASSWARE」)
  • 流通サポート「大日本市」ものづくりだけがよくなっても経営は改善しません。ものづくりと流通の両方がよくなってはじめて経営は改善します。「大日本市」は頑張るメーカーの流通をサポートします。 [サポート実績]
    • 工房織座 (愛媛県今治市「ITO」)
    • 株式会社漆琳堂 (福井県鯖江市「aisomo cosomo」)
    • 上出長右衛門窯 (石川県能美市「KUTANI SEAL」)
    • THE株式会社 (東京都渋谷区「THE」)
    • ※「大日本市」は年3回展示会を開催する他、2012年8月29日より、伊勢丹新宿店本館5階に常設で出店しております。
  • 出版 2008年10月「奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。」中川淳著 日経BP社 2010年春 季刊誌「こと もの かたり」創刊 日本のものづくりを応援する情報誌 2010年11月「ブランドのはじめかた 〜5つのケースでわかった経営とデザインの幸せな関係〜」中川淳・西澤明洋共著 日経BP社 2010年11月「奈良に生きる 奈良を活かす〜中川政七商店という生き方〜」いなとみのえ著 繊研新聞社刊 2012年9月「老舗を再生させた十三代がどうしても伝えたい 小さな会社の生きる道。」中川淳著 阪急コミュニケーションズ 2012年10月「ブランドのそだてかた 〜ブランディングに成功した企業が明かす21のしくみ〜」中川淳・西澤明洋共著 日経BP社
  • シンケン「日本の工芸を元気にする!」という旗印の下にあつまったコンサルユニット。ものづくりにまつわる様々な問題のよろず相談所(ワンストップ窓口)となることを目指す。 [メンバー紹介]
    • 山田 遊氏(method 代表)
    • 丸若 裕俊氏(丸若屋代表)
    • 高橋 俊宏氏(枻出版・DiscoverJapan 編集長)
    • 関 祐介氏(f.a.t)
    • 加藤 智啓氏(EDING:POST アートディレクター/デザイナー)

PAGETOP

沿革

江戸初期(17世紀前半)
奈良晒、徳川幕府に御用品指定を受ける
享保年間(1716〜1735)
初代 中屋喜兵衛 奈良晒を商う
文政2年(1819)
越後屋呉服店(現株式会社三越)との取引始まる
明治元年(1868)
9代 中川政七
明治31年(1898)
宮内庁御用達
明治43年(1910)
10代 中川政七
奈良晒の復興に尽力(木津川に晒工場、月ヶ瀬・田原・福住に作業場)
大正14年(1925)
合資会社中川政七商店 設立
パリ万国博覧会 出展
昭和4年(1929)
伊勢神宮に御用布を納める(1942年、1953年にも)
昭和28年(1953)
11代 中川巖吉
昭和54年(1979)
奈良晒、奈良県の無形文化財に指定される
昭和58年(1983)
株式会社中川政七商店 設立
「遊 中川 本店」開店
昭和63年(1988)
12代 中川巌雄
なら・シルクロード博 出展
平成13年(2001)
事業部制導入に伴い、第2事業部を移転
「遊 中川 Tokyo恵比寿店」開店
平成15年(2003)
「遊 中川 玉川高島屋SC店」開店
新ブランド「粋更kisara」発表
平成20年(2008)
13代 中川淳
「奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。」出版
「花ふきん」がグッドデザイン賞金賞を受賞
平成21年(2009)
「中川政七茶房」開店
平成22年(2010)
新ブランド「中川政七商店」発表
新社屋へ移転 JCDデザインアワード2010銀賞受賞 日経ニューオフィス賞 近畿ブロック推進賞受賞 グッドデザイン賞中小企業庁長官賞受賞 「ブランドのはじめかた」出版(エイトブランディングデザイン代表西澤氏と中川の共著) 「奈良に生きる 奈良を活かす〜中川政七商店という生き方〜」出版(いなとみのえ氏著)
平成23年(2011)
「大日本市」立上げ
新ブランド「2&9」発表
「機場」立上げ
平成24年(2012)
「遊 中川 日本市 東京スカイツリータウン・ソラマチ店」開店
「粋更kisara 新丸ビル店」開店
「大日本市 伊勢丹新宿店」開店
「老舗を再生させた十三代がどうしても伝えたい 小さな会社の生きる道。」出版
「ブランドのそだてかた」出版(エイトブランディングデザイン代表西澤氏と中川の共著)
平成25年(2013)
新ブランド「motta」発表
新小売業態「中川政七商店街」設立
「中川政七商店 東京本店」開店
平成28年(2016)
創業三百周年

PAGETOP